ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月17日

ドラクスラーがオランダ戦欠場、ロイスとヘクターは練習再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来週月曜に行われる、ネイションズリーグ最終節オランダ代表戦では、ドイツ代表は引き続き、ユリアン・ドラクスラーを欠いて臨むことが明らかとなった。しかしそれ以外の選手に関しては、全てオプションとなる模様。

 家族に不幸があったことにより、木曜日にライプツィヒにて行われたロシア代表とのテストマッチ参加を見合わせていた同選手。金曜夕方にドイツ代表ヨアヒム・レーヴ監督と、電話にて話し合いを行なった結果、ゲルゼンキルヒェンにて行われるオランダ代表戦での参加を見合わせる判断が下されている。

 その一方で、残る22選手に関しては、全員がオプションとなる見通しであり、確かに昨日にフランス代表がオランダ代表に敗れてしまったことから、リーグBへの降格が確定してしまったのだが、しかしながらユーロ予選のポットの関係上、できるだけこの試合で勝ち点を稼いでおきたい状況に。

 そしてレアル・マドリードのトニ・クロースがこの試合から加わり、さらに中足の打撲により出場を見合わせた、マルコ・ロイスもオプション。加えて、ロシア戦で左足首を痛め、交代を余儀なくされていたヨナス・ヘクターも、土曜午前の練習へと参加。全22選手がオプションとなる見通しだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報