ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月05日

レヴィアダービーに燃える戦うリーダー、トーマス・デラニー

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏にボルシア・ドルトムントへと加入し、ここまでリーグ戦11試合に出場。3アシストをマークしてきた、デンマーク代表MFトーマス・デラニー。プロ選手部門担当のセバスチャン・ケール氏は、「彼の成長に満足している」と述べ、「日を追うごとにチームにうまく溶け込み、そして監督のサッカー哲学を吸収していっているね」と評価した。

 特に週末に迎える宿敵、FCシャルケ04との『レヴィアダービー』では、敵地での対戦、さらにはシャルケが下位に低迷しているということもありデラニーの強固さ、そしてハードさが求められることになるだろう。

 まさにそれがドルトムントが2000万ユーロを投じてまで求めたものであり、メンタル面での強さとリーダーシップを兼ね備えたボランチは、若手選手との橋渡し役としての役割も担っている。「時々、若い犬を10匹散歩させているような感じのときもあるけどね」と笑ったデラニー。

 そして週末に迫ったシャルケとのレヴィアダービーを前に「こういう試合は好きなんだよね」と語った同選手は、これまで母国デンマークや、昨季在籍したブレーメンでの『北部ダービー』も経験しているが、「それ以上のものが待っているだろう。もっと情熱的な戦いが」と言葉を続け、「ヨーロッパでも屈指の好カード」を前に持ち前の闘志を燃やした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報