ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月31日

香川真司、目標はあくまで「スペイン移籍」も「難しい」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今シーズンわずか98分間の出場のみにとどまっている香川真司。それゆえ今冬での移籍を模索している状況にあり、できることならばその行き先としてはスペインを希望したいところだ。だが香川が現在得ているサラリーを支払えるスペインのクラブはほんの一部でしかないことからも、移籍先を見いだすことは決して容易なことではないだろう。

 12月25日に日本のメディア、サッカーキングに掲載された記事では、香川は「スペイン行きのために動いてきたけど、なかなか実現できていないので、必ず実現したい。これほど移籍が難しいものかと僕自身も肌で感じている。ホントに100%(スペインへ行く)とは言い切れないですけど、そこを中心に探してます。改めて自分自身がイキイキとして、より自我を強調したものに次の移籍先ではトライしたい」と説明。

 ただ「僕を欲しているチームがない限り、(スペインには)行けないので、そういうことも視野には入れておかないといけないのかな…」との述べ、「この3カ月間、悔しい気持ちを常人抱えながら暮らしてきたけど、いかに自分をコントロールするかを考えてきた」とコメント、「とりあえず2019年はワールドカップで得たものを生かして、『純粋にサッカーがしたい』と心から感じています」との考えを示した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報