ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月25日

デュッセルドルフの若手ドゥーマンが、同地区ドルトムントの下部チームへ

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フォルトゥナ・デュッセルドルフの下部チームにてプレーする、21才のMFタイラン・ドゥーマンが、ボルシア・ドルトムントの下部チームへと移籍することが金曜に発表された。契約に関する詳しい情報については、特に明らかにされていない。

 2012年にデュイスブルクからデュッセルドルフに加入した同選手はCMFを本職とする攻撃的MFであり、ここまでトップチームでは2016年の2部時代の1試合のみにとどまっているものの、昨年秋に行われたバンベルクとのテストマッチで出場。
 
 今季はここまでブンデス4部相当のレギオナルリーガにて15試合に出場し、6得点をマークしていたが、これからは戦いの舞台を同じレギオナルリーガ西地区のボルシア・ドルトムントIIにうつす決断を下した。

 なおレギオナルリーガ西地区では、ヴィクトリア・ケルンが勝ち点45で首位に立っており、それをレディングハウゼンが勝ち点差39で追う格好に。ドルトムントIIは首位との勝ち点差10で現在4位、デュッセルドルフIIは首位との勝ち点差16で8位につけている。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報