ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月31日

ドルトムントのツォルクSD「香川真司は詰めの交渉に入ってる」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われるアイントラハト・フランクフルト戦に向け、木曜日に行われたボルシア・ドルトムントのプレスカンファレンスでは、ミヒャエル・ツォルクSDが今冬移籍の可能性が指摘されている香川真司について言及。

 「今日は練習に参加していない。我々は彼に対して、詰めの交渉を行うために時間を与えたんだ。ただ今のところはまだ、結果については報告はできない」と語った。

 ルシアン・ファヴレ監督就任から、思うように出場機会を得られていない香川真司は、今冬に自身が希望するスペインへの移籍を模索していることを明かしていたものの難航。最近では仏1部ASモナコや、トルコ1部ベシクタシュの名前などが浮上している。

 さらにドルトムントは、香川と同様に出場機会を得られていなかった、ジェニス・ブルニッチのレンタル移籍を発表。これから半年間の期限付きで、ブンデス2部のドレスデンにてプレーすることになった。

 「24時まで移籍市場が開いているところもあるし、まだいくつかの話し合いを行なっている。ただこれ以上の新戦力を獲得することについては無いということはいえるよ。」

 一方で今冬加入の新戦力、レオナルド・バレルディが負傷を抱えて南米ユース選手権を離脱したことが伝えられていたが、上唇に裂傷がみられており、来週初めにもドルトムントに来ることが見込まれていることも明かされている。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報