ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月11日

ロイス、CLトッテナム戦も欠場。ピシュチェクも疑問視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 3度のリードも守りきることができず、ボルシア・ドルトムントはこれで、公式戦3試合連続での未勝利となってしまった。アクセル・ヴィツェルは「通常なら、僕たちは試合をコントロールできていなくてはならなかったんだ」とコメント。「後半からは、それまでのようにあまりポゼッションできなくなっていた。ただ自分たちのクオリティを考えれば、失点は許されるものではなかったけれどもね」と、反省の弁を述べている。

 「どのチームにだって、こういった時期は必ず訪れるというものさ。僕たちとしては、今は集中して、そして前向きに臨みつづけるということ。そして、できるだけ早く、また勝利をおさめるということにあるんだ。」そしてその機会はもう間も無く、チャンピオンズリーグの舞台で訪れるが、「それが理想的だね。これはとても重要な試合なんだ」と、トッテナムとの決戦を前に意気込みをみせた。

 だがこの試合でも、ドルトムントは引き続き、主将マルコ・ロイスを欠いて臨むことになる。ドイツ杯ブレーメン戦にて大腿筋を負傷し交代を余儀なくされたドイツ代表は、続くホッフェンハイム戦でも欠場を余儀なくされており、今回のトッテナム戦ではまだ時期尚早。遠征メンバーから外れることになり、さらに足に問題を抱えるウカシュ・ピシュチェクの出場も危ぶまれているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報