ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月26日

「重要な」勝利掴んだドルトムント、ロイス復帰は次戦?

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここのところ公式戦では、5試合連続で未勝利が続いていたボルシア・ドルトムントだが、週末に行われたバイヤー・レヴァークーゼン戦では3−2で久々の勝利。プロ選手部門担当のセバスチャン・ケール氏は、自身のツイッターにて「とても重要な勝利だ」と喜びを投稿した。

 一方でミヒャエル・ツォルクSDは、先日に3点差を追いつかれたTSGホッフェンハイム戦を引き合いに出し、「守備面ではより落ち着きが見られたところがあったし、例えばホッフェンハイム戦よりも改善していたところがあったと思う」とコメント。

 これで暫定的にバイエルンに並ばれていた勝ち点も、再び3にまで広がっており、「勝利にかわるものなどない。だから今日の結果は、とても好影響をもたらすものだと思う」と言葉を続けた。

 特に主将マルコ・ロイス不在の中で続いた不振からの勝利ということもあり、「マルコのこのチームにおける重要さは誰もが知るところだが、ただ今日の試合のように彼抜きでもやれるところをみせることも重要だよ」と強調。
 
 これには、アクセル・ヴィツェルも「みんなにとっていいことだね」と同調しつつも、その一方で「来週にも、ロイスが復帰することを願っている。彼はオフェンスにおいて、本当に重要な選手なんだ」と語っている。

 その希望は決して夢物語ではない。ルシアン・ファヴレ監督は「重要なことは、マルコがしっかりと準備をこなすことだ」と慎重な姿勢をみせてはいるものの、ツォルクSDは「リハビリのあとで、少し風邪をこじらせたが、来週では戦列復帰を果たしてくれるのではないか」と期待感を示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報