ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月01日

ドルトムントのディアロ、代わりに投入のハキミも負傷交代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来週末には注目の頂上決戦、バイエルン・ミュンヘンとの首位攻防戦が敵地にて控えているボルシア・ドルトムント。しかしながらこの試合で2人の左サイドバックのオプション、アブドゥ・ディアロとアクラフ・ハキミの出場が危ぶまれる事態へと陥った。

 週末に行われたVfLヴォルフスブルク戦にて先発出場していたディアロだったが、しかしながら後半開始直後に右ふくらはぎを負傷、筋損傷の疑いがもたれているところであり、そのままハキミとの交代を余儀なくされた。

 だがそのハキミも20分後に負傷交代。同選手は足に負傷を抱えており、ただ負傷に関する詳しい情報は、週明けに行われる精密検査にて明らかになる見込みだ。

 もしも両選手ともに欠場となった場合、ルシアン・ファヴレ監督にとってオプションとして考えられる選手の1人は、ラファエル・ゲレイロだろう。ただ今シーズンに限って言えば、同選手は左サイドバックとしての先発はわずか1試合のみであり、主に左ウィングとしてプレー。

 もう1人のオプションとして考えられるのが、元ドイツ代表のマルセル・シュメルツァだ。長年にわたってドルトムントの左サイドを支えてきたベテランDFは、ファヴレ監督が就任した当初は主力をになってはいたものの、現在ではこれといった役割を失っているところであり、今年に入ってからはまだ一度も先発メンバーに名を連ねることができずにいる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報