ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月01日

ハキミが骨折で残り全休!マドリードで手術へ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントより、非常に残念な知らせが明かされた。アクラフ・ハキミが週末に行われたVfLヴォルフスブルク戦にて負傷。月曜に受けた検査の結果、中根骨を骨折し、これからマドリードにて手術を受けることが発表されている。

 そのヴォルフスブルク戦にて、まず左サイドバックの先発として出場していたのはアブドゥ・ディアロだったのだが、そのディアロが後半の序盤で負傷交代。代わりに投入されたのが、アクラフ・ハキミだった。しかしながらモロッコ人DFも負傷交代。中根骨を骨折により手術を受けることが発表された。

 これにより昨夏にレアル・マドリードから2年間の期限付きでドルトムントに加入したハキミは、移籍初年度をリーグ戦21試合に出場して2得点4アシスト(kicker採点平均3.55)、ドイツ杯では2試合に出場して1得点(kicker採点平均3.5)、そしてCLでは5試合に出場して3アシスト(kicker採点平均4.13)という結果で幕を閉じることになりそうだ。

 一方でディアロについてもしばらく離脱となり、昨夏にマインツから加入したフランス人DFは、クラブ側の発表に寄れば筋肉系の問題により離脱。「期間についてはまだ未定です」と発表されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報