ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月04日

ドルトムント、アクラフ・ハキミが手術「2〜3週間の離脱」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日行われたVfLヴォルフスブルクとのアウェイ戦にて、中足を骨折し途中交代を余儀なくされていたアクラフ・ハキミ。すでに今季残り全休することが明らかとなっている同選手だが、すでに水曜日にスペインにて患部の手術を受けている。

 そもそもそのヴォルフスブルク戦では、負傷交代を余儀なくされたアブドゥ・ディアロの代わりに投入されたモロッコ代表SB。しかしながら間も無くして自身も負傷によりピッチを後にしており、月曜日には中足を骨折していたことが判明。そして水曜日にはスペインにて手術を受けている。離脱期間については「2〜3週間」が見込まれているとのこと。

 そのため昨夏より2年間の期限付きで加入している20才だが、残りのシーズンを全休することが確定。同じく昨夏に加入したDFアブドゥ・ディアロについては、筋肉系の問題により「期間は不透明」ながら離脱へと入った。

 これによりルシアン・ファヴレ監督は、週末に控えたバイエルン戦に向けて、2人のサイドバックを欠いて臨むことを余儀なくされており、左サイドバックの候補としては、攻撃的位置でのプレーが続くラファエル・ゲレイロと、ここのところ役割を失っているマルセル・シュメルツァが控えている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報