ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月09日

首位攻防で大敗のドルトムント、ファンからは温かな拍手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたバイエルン・ミュンヘンとの首位攻防において、予想外の0ー5と大敗で首位陥落となったボルシア・ドルトムント。火曜日から再びリーグ戦にむけての再スタートを切るなかで、応援にかけつけた300人のファンたちからは温かな拍手と声援が送られていた。

 なおこの日の練習では、腕に負傷を抱えていたパコ・アルカセルと、筋肉系の問題を抱えていたラファエル・ゲレイロが別メニューで調整。復帰を目指しているところであり、またアブドゥ・ディアロは75分間にわたって行われた練習の一部のみに参加。またジェイドン・サンチョとウカシュ・ピシュチェクについては、バイエルン戦で軽い負傷を抱えたためにこの日の練習参加を見送っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報