ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月15日

トーマス・デラニー「ビュルキが勝ち点2を守ってくれた」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたボルシア・ドルトムントvs1.FSVマインツ05戦では、前半と後半で全く異なる試合の表情を目にすることとなった。トーマス・デラニーは前半に関しては完全に試合をコントロールしていたと振り返りながらも、「特に終盤では疲れが出てしまった。理由はわからない。マインツが中盤をひし形に変えてきて問題を抱えボールをもたれるようになった」と説明。

 そしてドルトムントのゴール前に立ちはだかってみせた守護神ロマン・ビュルキについて「とてもいいプレーをみせてくれた。彼がこの勝ち点2を守りぬいてくれたんだ。最後の10〜15分はチームとして本当に悪かったからね」と感謝の気持ちを示している。「マインツには失うものがなく、僕たちは上位としてのプレッシャーがあっただろうしね。こういったところも教訓としていかないと。今回は勝利を収めることが何よりも重要なことさ」


 その一方でkickerが得た情報によればボルシア・ドルトムントは、オットー・アッド氏がボルシア・ドルトムントのコーチ陣へと入閣することになりそうだ。元ガーナ代表は1999年から2005年までドルトムントに在籍しており、2017年からはグラードバッハにて仕事をしていた。ドルトムントでは育成に関わる見込みで、グラードバッハとの契約は今季まで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報