ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月26日

「レヴィアダービーの特別さを実感」する、アクセル・ヴィツェル

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ベルギーやロシアでリーグ制覇を達成し、ポルトガルでは国内カップ優勝、さらに中国でもプレーするなど様々な経験をしてきたベルギー代表アクセル・ヴィツェルだが、これからはドイツで最も大きな盛り上がりをみせる『レヴィアダービー』のホーム戦を初体験することになる。

 「現時点で、いかにこのダービーでの勝利が重要なものか良くわかっているよ」とクラブ公式マガジンに対して語った同選手は、前回の敵地でのレヴィアダービー勝利後について「ファンたちが花火類をで待ち受けていて、そして止むことのないチャントや歓喜に包まれていた。そしてバスから僕たちが降りると、そこはものすごい騒動になったよ」と振り返った。

 確かにヴィツェルは母国ベルギーにてスタンダールvsアンデルレヒトのダービーを経験しており「あの雰囲気もすごいものがあるけどね」とした上で、「でも全てにおいてかなりこじんまりとしたものだけど」と言葉を続けており、「このダービーの特別さを感じる」なかで、「バイエルン戦での雰囲気もすごいものがあったけど、でもシャルケとの一戦の前にはそれさえ陰りを感じざるを得ないだろうさ」との考えも示している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報