ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月02日

ヴァツケCEO、「ドルトムントのトッププレイヤー」ゲッツェについて言及

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 本日行われたリヴァプールvsトッテナムによる、チャンピオンズリーグ決勝直前、ボルシア・ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケ代表は、契約を来季まで残し動向が注目されるマリオ・ゲッツェについて言及。

 ドルトムントでは最高額のサラリーを手にする元ドイツ代表MFだが、パフォーマンスは上昇の兆しが見えたとはいえ、絶対的な存在としてチームに君臨しているというわけではない。

 確かに両者ともに契約延長には前向きな発言を行なってはいるものの、その一方で仮にゲッツェが延長を結ぶのであれば減俸は免れず、また一方ではプレミアのFCアーセナルからの関心も伝えられているところだ。

 だがDAZNに対してヴァツケ氏は、あくまでゲッツェについて「ドルトムントにおけるトッププレイヤー」の一人と強調しており、さらにゲッツェから移籍の希望が伝えられたことはないことも明かした上で、来季も引き続きドルトムントでプレーするとの見方を示した。

 今季のゲッツェはリーグ戦26試合に出場して、7得点8アシスト、kicker採点平均では3をマークしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報