ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月07日

ドルトムント、ドイツ代表で飛躍を期すニコ・シュルツ

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ようやく見出した安住の地から、リスクを伴う挑戦の場へ。先日TSGホッフェンハイムからボルシア・ドルトムントへの移籍を発表したニコ・シュルツは、来シーズンのブンデスリーガでの舞台のみならず、ドイツ代表も含めてキャリアのステップアップをはかっているところだ。

 現在、ドイツ代表の合宿に参加中の同選手は「もちろん、ここでは多くの話し合いの場があるし、そこではドルトムントの話題にも及ぶよ」とコメント。主将を務めるマルコ・ロイスをはじめ、先日同じく加入が発表されたユリアン・ブラントも代表チームの中で姿をみせており、「先に知り合うチャンスがあることは、決して悪くはないさ」と言葉を続けた。

 ドイツ代表でのライバル争いにおいては、ヨナス・ヘクターが代表復帰を果たし、さらに若手のマルクス・ハルステンベルクも機会を虎視眈々と狙う状況ながら、ヘクター不在の間で先発の座を確保したシュルツが優位な立場にあることは確かであり、「ぜひ、その試合でもピッチに立てるようになればと思う。それが目標だ」と語ったシュルツは、「ここにはベンチを温めるために来たのではない」と意気込みをみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報