ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月03日

新天地模索のシュールレや香川不在の中、ドルトムントが水曜から始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨シーズンでは最終節にてブンデスリーガ優勝を逃したボルシア・ドルトムント。今夏にはマッツ・フメルスの復帰、トルガン・アザールやユリアン・ブラント、そして先日発表されたマテオ・モリーなど、積極的な補強が見受けられる中で水曜から再始動するところだ。

 ただその一方でレンタル終了後も移籍先を模索する元ドイツ代表アンドレ・シュールレやジェレミー・トルヤン、日本代表の香川真司、そして火曜にはエールディビジのフォルトゥナ・シッタートへ1年間レンタルとなったフェリックス・パスラックは不参加となる。

 さらに負傷を抱えるセバスチャン・ローデやルカ・ウンベハウンと共に、代表参加のトルガン・アザール、ユリアン・ブラント、ニコ・シュルツら新戦力3人は7月10日から合流。U21欧州選手権参加のヤコブ・ブルーン・ラーセンとマフムード・ダフード、アフリカカップ参加のアクラフ・ハキミもまだしばらく休養が続く。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報