ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月20日

トーマス・デラニー「チームとして成長していきたい」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現在米国ツアーを行なっているシアトルでのテストマッチにて、MLSシアトル・サンダースを相手に最初のセットプレーで失点を許してしまったボルシア・ドルトムント。GKロマン・ビュルキはその時「昨季を思い起こしてしまった。ただまだ準備期間の序盤だから騒ぎ立てるつもりはないけどね」とコメント。ルシアン・ファヴレ監督は、選手交代で高さに差が生まれていたことを指摘している。

 また指揮官は試合後、現在のチーム状況について「本来は22人のフィールドプレイヤーと、3人のGKという布陣が理想的」とし「おそらくは何選手かの移籍が起こるだろう」と発言。それと同時に、既存の戦力がもつクオリティに満足感を示した。ただトーマス・デラニーは「ドルトムントならば定位置争いは激しいものであるものと認識している」と強調。ドルトムントでの2年目となる今季でむしろ「もしもさらにライバルが登場しない、ということであればむしろ失望するかもしれない。チームとして成長していきたいんだ」との考えを示している。


 なお日本時間の土曜午前9時には、米国ツアーで2試合目となるFCリヴァプールとのテストマッチを実施。ノートルダム大学のスタジアムでは5万人もの大観衆が見込まれているところだが、ファヴレ監督は「この試合をたのしみにしているよ。欧州最高のクラブの1つと戦うことになるのだ」と述べ、「ただまだ準備期間中の最中にある。だから多くの選手たちはまだ、フル出場に耐えられる状態にはないよ。まだ1時間にも満たないことだろう。だから準備期間における進展に集中していくことになる」との見方を語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報