ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月05日

バイエルン戦活躍も、今夏移籍の可能性があるゲレイロ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたバイエルン・ミュンヘンとの頂上決戦、DFBスーパーカップでは「とても良いパフォーマンスだった」と、ルシアン・ファヴレ監督より賛辞を受けた、ラファエル・ゲレイロ。しかしながらそれでも同選手にはまだ、今夏にドルトムントを後にする可能性は残されている。

 昨季に同選手はリーグ戦23試合(うち先発17試合)に出場。この日のバイエルン戦ではドイツ代表ジョシュア・キミヒに対抗する中で、幾度となくカウンターを繰り出し、ツォルクSDが「見事」と評したサンチョのゴールに繋がったパスも披露。kicker採点2の活躍をみせた。

 「彼が残ってくれることを願う」と口にした後、慌てて「残るよ」と付け加えた指揮官。だがゲレイロとの契約は今シーズンいっぱいまでとなっており、延長か、売却か、それとも来夏に無償で放出する可能性を残し残留か、その決断はまだ下されていない。

 これまでドルトムントではウィング、サイドバック、中盤と、左サイドでそのオールラウンダーぶりを発揮してきた25才。ミヒャエル・ツォルクSDはkickerに対して「ラファは我々の考え、そして立場をとても理解しているよ」と、語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報