ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月12日

ドルトムントのビュルキ、火曜からチーム練習復帰か

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 母国スイスのバート・ラガツにて行われたトレーニングキャンプにて、足関節へ裂傷と腫れを抱えたロマン・ビュルキ。本来ならば休日にあてられていた昨日の日曜日では、復帰にむけてボルシア・ドルトムントの練習場で汗を流す姿が見受けられた。火曜日にはチーム練習復帰を視野に入れているところであり、「それなら、アウグスブルク戦でもプレーすることができるだろう」と希望。

 7月29日に行われた練習にて、アクセル・ヴィツェルと衝突して負傷を抱えた同選手は、確かに順調な回復をみせてはいるものの、腫れがなかなかひかなかったことから戦列へ復帰できない日々が続いているところだ。しかしすでに準備期間では4週間を過ごしていたことから、そこまでの差があるとまでは考えておらず、テストマッチでも2試合でプレー。「そこまで落ちてはいないと思う」と語った守護神は、「フィットネストレーニングをこなしてきたし、かなりランニングもやってきたよ」とも強調。

 ただ仮にビュルキが間に合わなかった場合は、引きつづき同国スイス出身のマルヴィン・ヒッツが控えているところだ。ヒッツは今シーズン、ここまでDFBスーパーカップ、さらにはドイツ杯初戦でも出場。見事代役をこなしてみせており、ミヒャエル・ツォルクSDからは「賞賛」の言葉が送られた。「いいプレーをみせてくれているね」


 その一方でおよそ1年前にハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOはとトーマス・トレースCFOは、決算報告にてBorussia Dortmund GmbH & Co. KGaAが前年度より3割以上増しとなる、5億3600万ユーロというクラブ史上最高額の売り上げを記録したことを発表。特にウスマン・デンベレ(1億500万ユーロ)やピエル=エメリク・オーバメヤン(6375万ユーロ)などが大きな影響を及ぼしていたことからも、明日行われる昨シーズン分の発表では、この金額よりも少ない売り上げが見込まれているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報