ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月02日

守備の要フメルス、CLスラヴィア・プラハ戦から復帰へ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントの守備の要が復調を果たした。マッツ・フメルスが、水曜夜に行われるCLスラヴィア・プラハ戦での出場に向け「いけると思うよ」との考えを示している。さらに試合前日に行われたプレスカンファレンスでは、フメルスはフランクフルト、そしてブレーメン戦でのメンタル面、そしてセットプレーの問題点についても指摘。

 「こういった状況はサッカーでは起こりうるものだけど、相手に対して2度、あまりに軽はずみなプレーをみせてしまったと思うね。両試合ともにいいパフォーマンスをみせ、勝利にふさわしかったはずなんだけど。安定したパフォーマンスレベルを構築していきたいと思う」と述べ、セットプレーについては「どう改善していけるかを考えてきたし、それをこの試合で示していきたい。」と意気込みをみせた。「ポジショニング面での隙をつかれたし、そのことを話あった。うまやれるとく思う」


 またハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、8位転落も優勝という目標を「変えることはない」と南ドイツ新聞に対して強調。「とにかく全力を尽くすのみだ」と言葉を続けており、特に守備面について「学習していかなくてはならないよ」と、イタリア王者ユベントスを引き合いに出しながら語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報