ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月15日

ドルトムント、間も無くラファエル・ゲレイロと契約延長へ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1ヶ月以上前にボルシア・ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、ラファエル・ゲレイロとの契約延長を示唆する発言を行なっており、両者ともに「基本合意」に達しているところ。しかしながらいまだ、正式な締結の発表はなされていないところだが、間も無くしてこの状況にも変化が見られそうだ。

 月曜日に行われたユーロ2020予選ウクライナ戦では、前回王者のボルトガル代表は、クリスチアーノ・ロナウドがキャリア通算700得点目をあげるも1−2で敗戦。本戦出場はお預けとなってshまった。

 この試合で先発出場していたゲレイロは、これから再びドルトムントに戻り、そして間も無くして新たな契約書へのサインを交わすものと見られる。確かに1ヶ月以上前に既に示唆されながらも延び延びになっていた一件だが、しかしながらゲレイロの翻意ではなく、kickerが得た情報によれば法的な部分での対応が求められていたようだ。

 2016年の夏にFCロリアンからドルトムントの加入したゲレイロは、これまでサイドバック、ミッドフィルダー、ウィングなどポリバレントにプレーし、ブンデス1部通算61試合に出場。10得点をマークしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報