ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月17日

ドルトムント、ラファエル・ゲレイロと2023年まで延長

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りボルシア・ドルトムントは木曜、ラファエル・ゲレイロとの契約を延長したことを発表した。契約を今シーズンいっぱいまで残した状況で新シーズンに入ったポルトガル代表に対しては、この夏は特に元指揮官トーマス・トゥヘル監督率いる、パリ・サンジェルマンから強い関心が伝えられていたものの、最終的には残留。まもなくして、ミヒャエル・ツォルクSDは同選手と契約延長で「基本合意」に達していることが明らかとなっていた。

 そして今回、2023年までの契約延長を発表したドルトムントのツォルクSDは、「ラファエルは国際経験豊かで、かつテクニックに長けた一流のサッカー選手だ」と賞賛。ドルトムントでは左サイドバックのみならず、左ウィングや中盤でもプレーしてきたラファエルも、延長について「ドルトムントは素晴らしいクラブであり、その中で僕は家族と共に3年間にわたり居心地よく過ごしてきた」と、喜びを語った。

 これまでゲレイロはドルトムントにて、リーグ戦61試合に出場し10得点をマーク。さらにドイツ杯10試合と、ヨーロッパリーグ1試合、そしてチャンピオンズリーグで17試合にプレーし6得点を記録しており、今季はここまでリーグ戦5試合に出場(kicker採点平均3.3)。CLでも2試合でプレーしている(kicker採点平均2.5)。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報