ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月21日

「ブラザー」ルカクと対戦する、ヴィツェル「この勝利を勢いに」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・メンヒェングラードバッハとの一戦を終え、ジャーナリストらの前に姿をみせたアクセル・ヴィツェルからは、顔いっぱいに明るい明るい表情が見受けられた。注目された首位との「ボルシア対決」を1−0と接戦を制したボルシア・ドルトムントにとっては、3連続ドローから更なる転落を免れたことへの安堵感も。
 
 「この試合で勝てたのは大きいね」と語ったヴィツェルは、「これから数週間に渡って、僕たちの前には注目の試合が続くところだからね。だからまず勝利でスタートを切りたかったんだ」とコメント。その気迫はこの試合で相手を上回ったスプリント数など、数字としても現れているところであり、「リードを奪ったあとでも、それ以前よりも更にプレッシャーをかけて、無失点に抑えることができた。これはこれからの戦いに向けてポジティブな部分だと思うね」と語った。

 果たしてこれでチームとしては、一息ついた」というところだろうか?「息はいつだってしてるさ。生きているんだから。3試合連続ドローでも変わらないよ。日々僕たちはハードに取り組んでいく。だからグラードバッハ戦の前でも、僕たちは勝利を収められると自信をもって臨んだんだ」とヴィツェル。ただそれでもこれから迎えるインテル戦の前に、未勝利をストップできたことについては「とても嬉しいね。勢いになるよ」と喜びをみせている。

 特に今回のインテルとアウェイ戦は、CLグループリーグ突破に向た重要な一戦であり、さらにヴィツェルにとってはベルギー代表で同僚の、非常に親しい仲で「ブラザー」と呼ぶ、ルメウ・ルカクとの再会も待っているところだ。しかしそれでも水曜日はその友情はお預けであり、「今回の試合は僕たちにとってとても重要な試合だ。ぜひ勝利をおさめたい。それで本当に良い前進の1歩を果たせることだろう。」と意気込みを見せた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報