ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月29日

マリオ・ゲッツェ、手に骨折を抱えるもボルシア対決で出場か

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたFCシャルケ04とのレヴィアダービーにおいて、手に骨折を抱えたボルシア・ドルトムントのマリオ・ゲッツェ。しかしながらそれでも、ドイツ杯2回戦ボルシア・メンヒェングラードバッハとの一戦での出場には、まだ可能性が残されているようだ。

 火曜午前にドルトムントが発表したところによれば、元ドイツ代表MFは左手関節の靭帯を過度伸展し、さらに尺骨に亀裂骨折もみられるとのこと。これは週末に行われたシャルケ戦での前半に負ったものであり、後半57分に交代した後にそのまま病院へと搬送され検査を受けていた。

 ただそれでも、水曜日に行われるドイツ杯2回戦、グラードバッハとの「ボルシア対決2ndラウンド」では再びオプションとな見通しであり、実際にクラブ側では「可能性は残されている」と報告。おそらくは、ギリギリまで最終判断を待つことにはなるだろう。

 2014年ワールドカップ優勝戦士でもあるゲッツェは、今季はここまでリーグ戦5試合に出場するも、フル出場はただの1試合のみ。水曜日に行われたCLインテル・ミラノ戦でも出番なしという結果に終わっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報