ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月13日

注目の若手FWハーランド、ライプツィヒとも交渉「良い話し合いだった」

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBザルツブルクに所属する注目の若手FW、エルリング・ハーランドは更なる飛躍の場をブンデスリーガに求めることになるのか?今週水曜日にはチャーター機にてボルシア・ドルトムントを訪問していた事が地元メディアより伝えられていたが、実はRBライプツィヒも訪問。ユリアン・ナーゲルスマン監督は、ハーランドとの話し合いを行ったことを認めた。

 「できるだけうまく英語を使って、サッカーに対する私の考えを何とか伝えようと頑張ったよ」と語った32才の青年指揮官は、「かなりうまくいったと思うよ」と、その手応えについても強調。その理由として「そういう時には得てして、片方が語りに入るものだ。監督として話すところがたくさんあり、そして代理人や選手はむしろ耳を傾けるものだよ」と説明している。

 そのドルトムントとは来週にも直接対決が控えており、チャンピオンズリーグ参加クラブ同士による強豪対決というだけでなく、ハーランド争奪戦を繰り広げるクラブ同士による対決ということでも高い注目が寄せられることになるだろう。果たしてこの結果がハーランド獲得に影響を及ぼすのか?「それは彼に聞いてくれ」と笑顔をみせたナーゲルスマン監督は、「まぁ、それも1つのポイントになるのかもしれないね」と言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報