ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月20日

ハーランドがマンチェスターで移籍交渉?スールシャール監督は否定

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントとRBライプツィヒが争奪戦を繰り広げている、RBザルツブルクのエルリング・ハーランド。だが争奪戦の中で名前が浮上しているのは、決してこの2クラブだけではない。先週に複数の英国メディアが、ザルツブルクにてマンチェスター・ユナイテッドのスールシャール監督とハーランドが会っていたと伝えた。

 そしてさらに母国ノルウェーの『Stavanger Aftenblad』は、ハーランドが父と共にマンチェスターへと向かっており、そこで更なる話し合いが行われると報道している。しかしながら金曜日に行われたプレスカンファレンスにて、それをスールシャール監督自身が否定した。「彼がここにむかってきているとは思わないね。少なくとも私は関係ないよ」

 2017年はじめにスールシャール監督は、モルデFK監督時代にハーランドを獲得し、そこでプロデビューに導いた指揮官でもあり、同じノルウェー人という共通項のみならず、ハーランドの父はかつてマンチェスター・シティにてプレーするなど良く知る街である他、同選手の代理人を務めるジム・ソルバッケン氏は、これまで幾度となくスールシャール監督との間で契約を成立させてきた過去も持つ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報