ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月30日

ドルトムント、ザガドゥが復調みせるも、復帰は時期尚早?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日に行われたボルシア・ドルトムントの練習では、ダン=アクセル・ザガドゥがふくらはぎの筋損傷を克服し、チーム練習復帰を果たした。しかしながら土曜日に行われるホーム戦、ウニオン・ベルリン戦での先発復帰の目処はまだ立っていない。

 昨年末に行われたアウグスブルク戦にて負傷を抱えた同選手。年明けに行われた2試合も引き続き欠場を余儀なくされており、先週にはじめてランニングメニューを再開したところ。

 その流れで水曜日のチーム練習参加ということもあり、試合前の日数が3日、さらにファヴレ監督はこれまでにも、怪我人の復帰へ慎重な対応をみせていることから、おそらくはザガドゥの復帰戦はもちこされることになるだろう。

 なおザガドゥの他にも、マルセル・シュメルツァがチーム練習復帰を果たしており、唯一トーマス・デラニーだけが、復帰に向けて個別で調整する姿が見受けられている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報