ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月17日

ドルトムント、守護神ロマン・ビュルキとの延長に近づく

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2015年以来、ボルシア・ドルトムントの守護神としてプレーを続けている、ロマン・ビュルキ。その契約は来シーズンいっぱいまで残されているところだが、もう間も無くして延長により合理を果たすことになりそうだ。

 今冬に行われたトレーニングキャンプ地でも、ビュルキは延長に向けて意欲的な姿勢を見せており「ほかのことが想像できないね」とまでコメント。そしてミヒャエル・ツォルクSDは、同選手の代理人ユルグ・フォン・マット氏と「話し合いが行われているよ」と明かした。新たな契約期間は2023年までのなるとみられる。

 SCフライブルクから加入して以降、ここまで公式戦192試合に出場してきたスイス代表GKは、2017年にドイツ杯にて優勝を果たしており、これまでを振り返って「クラブにはとても感謝しているよ。苦しい時期でも僕を支えてくれた」と1月に語っていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報