ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月21日

ファヴレ監督、ハーランドのプレー、姿勢を改めて評価

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日に行われたボルシア・ドルトムントのプレスカンファレンスでは、やはりパリ・サンジェルマン戦にて2得点を挙げた、エルリング・ハーランドに関する質問がルシアン・ファヴレ監督の下へと数多く寄せられた。

 指揮官は「素晴らしいプレーをみせているし、素晴らしいメンタリティをもち、常に前向きな、練習へ意欲的に取り組む選手だよ」と称賛。「練習で負けることがあったり、得点を決められなかったりすると、自分自身へ決して満足感を覚えることがないんだ」との評価を述べている。

 そしてハーランドの資質について「明らかに良いパッケージをもっている」と述べ、「非常に多岐にわたる」ともコメント。「誰とでもコンビネーションができるし、しっかりと戻り、素早くターンすることができる」上に、「左足でも、右足でも、ヘディングでも」得点が可能。

 「しっかりと動いて供給する」積極的な姿勢も持ち合わせており、レイナのアシストには「レイナも非常に良かったと思う」が、「ハーランドが非常に良い動きをみせていたというのもある」との見方も示した。「彼は非常にうまく、深い位置へと侵入していった」

 ただそれでも「まだまだ伸び代をもっている」とも強調。「まだ19才なんだ。これからも引き続き継続していかなくてはならない」と言葉を続けており、まだまだキャリアの序盤にある欧州期待の若手FWにとって、いま求められていることはとにかく脇目を振らずに「サッカーをすること、それだけだ。」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報