ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月27日

得点とアシストで卓越、19才のジェイドン・サンチョ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンここまでリーグ最多となる、通算65得点をマークしているボルシア・ドルトムントにあって、実にその半数以上に絡む活躍を見せている選手が、2000年生まれの19才ジェイドン・サンチョだ。今季はここまで13得点15アシストをマークしており、さらにアシストに繋がるパスも12度に渡り供給。ミヒャエル・ツォルクSDも「点取屋としてのみならず、アシストマンとして」もリーグ上位につける活躍へ目を細めた。

 なおリーグ戦23試合を経過した時点で15アシストをマークするというペースは、2014/15シーズンにケヴィン・デ・ブライネのみが達成しているスピードであり、さらに注目すべきは得点とアシストを1試合のうちに記録した試合の数だ。すでにサンチョは9試合でその『ドッペルパック』を達成しているところであり、これは2005/06シーズンのミロスラフ・クローゼ、そして2008/09のグラフィチに並ぶタイ記録。残りの11試合であと1つ記録するならば新記録樹立の快挙達成だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報