ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月14日

ムニエ、パリSGと延長無しで、ドルトムント入り加速?

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 どうやらパリ・サンジェルマンは、トーマス・ムニエと契約延長を結ぶことは思い描いていないようだ。スペインのASが報じた通りにいけば、これにより右サイドバックを主戦場とする、28才のベルギー代表DFは、この夏に契約満了に伴い無償で獲得が可能ということになる。

 2016年にベルギー1部ブルージュからパリ・サンジェルマンへと、移籍金600万ユーロで加入した同選手は、これまでの間で公式戦128試合に出場して13得点21アシストをマーク。なお現在はベルギー代表で同僚のアクセル・ヴィツェルが在籍する、ボルシア・ドルトムントからの関心が伝えられているところだ。


 その一方で今季で2年のレンタル契約が満了となる、右SBアクラフ・ハキミについては、先日所属元のレアルと2023年までの契約延長とスペインのマルカ紙が報じたが、これを代理人と共に否定。「契約に変化はない」としており、「話し合いは近く確実に行われる。」と述べ、「6月には決断を下さなくてはいけないだろう。それが大きなステップアップにつながることを期待している」と、ラジオ局”Cadena Ser”に対して語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報