ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月20日

マルコ・ロイス、今季絶望の危機?

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今年の2月以来、負傷離脱が続いている、ボルシア・ドルトムントの主将マルコ・ロイス。いまもなおチーム練習参加を果たせない状況が続いており、今シーズン中の復帰の可能性も日を追うごとに高まっている。

 2月4日に行われたドイツ杯準々決勝ヴェルダー・ブレーメン戦にて、同選手は筋肉系に問題を抱えたことが明らかとなっており、当初は4週間後には練習再開を果たせる見通しとなっていたものの、それが実現できないまま今日もまた1日が経過してしまった。

 本来ならば3月終わり、最初の代表戦期間明けの復帰が見込まれていたものの、コロナ危機による中断期間でもそこまでの回復は至らず、最終的に週末に行われたリーグ戦再開初戦も欠場を余儀なくされており、来週火曜に控えるドイツ頂上決戦バイエルン・ミュンヘン戦にも、おそらく間に合うことはないだろう。

 さらにドイツの大衆紙ビルトの情報によれば、ドイツ代表MFはこのまま今シーズンを終える危機に瀕している模様で、記事によればいまだロイスは問題を抱えたままとなっており、「気にせずに右足でシュートを放てない」状態だという。

 所属するボルシア・ドルトムントからは、今のところはそのようなことを認める発言などはないものの、ロイスがいまだチーム練習参加を果たせていない日が続く限り、シーズン中の復帰への希望は日を追うごとに薄れていくことになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報