ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月05日

ヴァイグル、今度はベンフィカでチームバス襲撃事件に見舞われる

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ポルトガルのリスボンにて、ベンフィカのチームバスが襲撃を受けた事件で、ユリアン・ヴァイグルらが負傷し病院へと搬送されたことが明らかとなった。ポルトガルリーグ再スタート初戦、NOS戦にて0−0と痛み分けに終わったベンフィカだったが、その試合後に何者かが投石し、ヴァイグルとチームメイトのアンドリヤ・ジヴコヴィッチと共に「破片が当たったために、診断のためにダ・ルス病院へと搬送された」と、クラブ側は報告。

 いずれの選手ともに特に重傷を負っているということはなく、警察が襲撃直後から操作を開始。ただいまのところはまだ、犯人に関する有力な情報は得られていない。なおヴァイグルは2017年4月に起こった、ボルシア・ドルトムントのチームバス襲撃事件でも同席しており、古巣ボルシア・ドルトムントからも、ヴァイグルに対して早期回復を願うメッセージがTwitterより寄せられている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報