ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月22日

ドルトムント、パリSGからムニエ獲得に迫る

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アクラフ・ハキミが恐らくは今季いっぱいでレンタル元のレアル・マドリードへと帰還すると見られるボルシア・ドルトムントでは、ハキミ残留を目指すと同時にその穴埋めについても着手しており、どうやらヴィツェルに次ぐ更なるベルギー代表選手の獲得へと迫っているようだ。トーマス・ムニエである。

 2016年にブルージュからパリ・サンジェルマンへと加入した28才の右サイドバックは、クラブとの契約を今季いっぱいまで残しているため、獲得に際して移籍金の支払いは発生しない。21歳のハキミとは年齢のみならず、181cmのハキミと異なり身長190cmと大型DFのムニエは、右サイドのみならず右の中盤でプレーすることも可能だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報