ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月24日

本職CFがハーランドのみ?ドルトムントの考えは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 新シーズンに向け既にボルシア・ドルトムントでは、無償でパリSGから獲得したトーマス・ムニエに続き、先日はバーミンガムよりジュード・ベリングハムを獲得。噂されるジェイドン・サンチョの移籍が起こらない限りは、ひとまず今夏の補強は終了ということになるだろう。だがそこでファンの間では、1つの議論がなされている。典型的なCFがエルリング・ハーランドしかいない状態でシーズンへと臨むのか?過密スケジュールの中で、プレーできないときにはどうするのか?

 ミヒャエル・ツォルクSDは、「昨季に得点は決して少ないものではなかった」と、特にオフェンス面について述べており、そもそもドルトムントではツートップが頻繁に採用されているため「典型的なCFである意義はもはやない」と説明する。実際にヘルタ・ベルリン戦ではサンチョとアザールが、ライプツィヒ戦とホッフェンハイム戦ではハーランドとアザールがそれぞれコンビを形成。そのなかでドルトムントではサンチョ(17)、ロイス(11)、ゲレイロ(8)、アザール(7)ら、様々なところから得点を決めているところだ。

 さらに今シーズンからはここに、ユズファ・ムココが確実に名前を連ねてくることだろう。ドイツサッカーリーグ機構のルール改正に伴い、”怪童の開放”は遂に16歳を迎える今年の11月20日に行われる。ただしツォルクSDは、まだまだ時間が必要であると考えており、「過度な期待を警戒しているところだよ」とも強調した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報