ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月10日

サンチョの移籍容認期限が経過、夏の合宿参加へ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜午前にボルシア・ドルトムントの選手、そしてスタッフ一行は、サマーキャンプ地であるスイスのバート・ラガツへと出発した。その参加メンバーの中にはジェイドンサンチョの名前も含まれており、これにより噂されているマンチェスター・ユナイテッドへの移籍の可能性は極めて低くなったことになる。

 なおボルシア・ドルトムント側はサンチョの移籍金額を1億2000万ユーロに設定しており、さらにその移籍期限として首脳陣は「合宿開始時」とも設定。そのため今回のキャンプにサンチョが参加するかどうかへ注目が集まっていた。

 そして週末は母国イギリスのロンドンにて休暇を過ごしたサンチョは、予定通りにキャンプへと参加。つまりはドルトムントが設定していた期限を越えることとなり、一方でこれからドイツで開催されるELに出場するため、遠征を行うマンチェスター・ユナイテッド側からは、おそらく短期間のうちのオファーが届くことはないだろう。

 これからボルシア・ドルトムントでの4シーズン目を迎えることになるジェイドン・サンチョは、当時移籍金780万ユーロにてドルトムントへと加入。これまでの間でブンデス78試合に出場し、30得点、39アシスト、kicker採点平均3.01と好成績をマーク。さらに今年3月に20才の誕生日を迎えたばかりのサンチョは、チャンピオンズリーグでは15試合に出場して3得点を記録しているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報