ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月14日

ザガドゥ、膝の負傷で離脱。ハーランドは喉の痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ダン=アクセル・ザガドゥにとってこの夏のバートラガツでの合宿は、すでに終焉の時を迎えてしまった。ボルシア・ドルトムントが金曜午前に発表したところによれば、左利きのフランス人センターバックは、膝に問題を抱えているという。

 また1日だけの休養となったのが、エルリング・ハーランドだ。ノルウェー人FWは喉の痛みを訴えているとのこと。

 その一方でマッツ・フメルスからは朗報が届いた。足首に負傷を抱えていた守備の要だが、金曜午前に行われた練習では部分的ながら、チーム練習参加を果たしている。

 確かに今週初めにも、フメルスは「至って順調だよ。日々、自分が目指していたことができていた」と述べていたものの、ただそれでも日曜に行われるオーストリア・ウィーンとのテストマッチは時期尚早だろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報