ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月02日

ドルトムントのザガドゥ、膝の手術は回避

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 最悪のシナリオであった、膝の手術は回避された。ボルシア・ドルトムントのダン=アクセル・ザガドゥについて、専門家たちによる最終検査の結果、そのような判断が下されている。

 2週間半前に21才のフランス人CBは、スイスにて行われたドルトムントの合宿中に、左膝に負傷を抱えており、いまだその度合いなどは明らかにされていない。kickerからの問合せに対して、ミヒャエル・ツォルクSDは「ザガドゥは、保存療法によって回復をめざす。最悪のシナリオだった手術の必要はなくなった」と説明した。

 そのためこれまで通りドルトムント側から、特に復帰時期などの見込みなども明らかにはされていない。おそらくは数ヶ月にまで及ぶほどではないだろうが、同SDは「数日でどうにかなる問題ではない」ともコメント。真実はおそらく、その間のどこかというところか。

 いずれにせよザガドゥが9月19日の行われる、ブンデスリーガ開幕戦ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦までに間に合うということはないはずだ。ただドルトムント側はこれにより、今夏の移籍市場で動きにでる考えはないという
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報