ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月04日

ドルトムント、セバスチャン・ケール氏と延長間近

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りボルシア・ドルトムントの有資格選手部門の責任者を務める、セバスチャン・ケール氏との契約延長が迫っている。同氏との契約は今季いっぱいまで残されているが、それを1年前倒しする形で2022年まで延長することになりそうだ。

 「話し合いを行い、意見交換を行ったよ」と、ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOとの対談について明かした同氏は、「まだ最終決定までには至ってはいないが、そこまでの時間もかからないだろう」との見方を示した。

 なおその2022年には、これまで24年間に渡り従事してきたミヒャエル・ツォルクSDが退任。ケール氏はその職務を引き継ぐ可能性が高いと見られているところであり、昇格については来年に検討がなされる見通し。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報