ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月15日

新天地決まらないゲッツェが、代理人を変更

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 いまだ新天地を模索中のマリオ・ゲッツェが、代理人を変更したことを明らかにした。「僕はこれから、LIAN Sportsグループに代理してもらうよ。ファリ・ラマダニ氏、ダミル・スモリャン氏や、彼らのチームと、自分の思い描くプランや、キャリアに対する考え方がマッチしているんだ」と、ドイツの大衆紙ビルトに説明。

 その一方で、これまで元ドイツ代表MFの代理人を務めてきた、レザ・ファーゼリー氏も「双方の合意の下で、道を分かつこととなった。マリオの今後の活躍を願っている」と、これを認める発言を行っている。2016年にバイエルンからドルトムントに復帰したゲッツェは、その4年間でブンデス103試合に出場(14得点)した後に、この夏に契約満了に伴う形でフリーの状況が続いているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報