ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月03日

ドルトムントのファヴレ監督「もっとローテーションする」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かに水曜日に行われたDFBスーパーカップ、バイエルン・ミュンヘン戦にてボルシア・ドルトムントは、2−3と敗戦を喫して本拠地へと帰還してきた。ただそれでも先週末にアウグスブルクに0−2で敗戦したことを思えば、王者を相手に2点差を追いつきなお勝機もあったことで、自信の回復にはつながったことだろう。

 「あの試合は決して、負けるような試合内容ではなかった」と、ミヒャエル・ツォルクSDはコメント。「パフォーマンス自体は良かったのだ。それはチームに自信をもたらすものだよ」と述べ、「我々としては上位にしっかりととどまっていたい。そのためにはどの試合でも勝利をおさめていきたい、とりわけホーム戦ではそれが求められる」と、言葉を続けている。

 なお気道感染により欠場したジェイドン・サンチョと、ロマン・ビュルキについては、週末の試合でもまだ出場が危惧されているところであり、またこの日はマリウス・ヴォルフのケルン移籍が発表。それでもドルトムントにはフライブルク戦で対峙するだけの戦力は残されているはずだ。またバイエルン戦で68分間プレーしたマルコ・ロイスもオプションだろう。「マルコには満足している」

 そう語る指揮官だが、それ以外の選手たちも含めて決して、過度なストレスを与えていく考えはない。10月中旬までには全ての選手に対して、最低でも90分間の合計出場時間を記録するような起用を予定しており、「今後は1人ないし2人という形の入れ替えではなく、もっと多くのローテーションをさせていきたいと考えている」と説明した。

 ちなみに今回対戦するフライブルクは、18試合連続無敗という点でも、そして通算対戦成績26勝13分3敗という点でも、『最大のお得意様』との対決でもある。しかしながらファヴレ監督はそれでも、「後半戦で彼らに1−0で勝利しているし、常に苦戦を強いられている。とてもうまく組織化された良いチームだよ」と、警戒心を示した。

【ドルトムントの先発予想】ビュルキ – ジャン, フメルス, アカンジ – ムニエ, ヴィツェル, ゲレイロ – ベリングハム, レイナ – サンチョ, ハーランド

【フライブルクの先発予想】F.ミュラー – シュミット, リーンハルト, ハインツ, ギュンター – サンタマリア, ヘフラー – シャライ, グリフォ – ヘフラー, ペーターゼン
 
※試合開始日時:10月3日22時半〜(日本時間)
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報