ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月08日

ドルトムント、スイス代表アカンジにコロナ陽性確認

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムント所属、マヌエル・アカンジがコロナ検査の結果、陽性反応が確認されたことが明らかとなった。水曜日の夜にスイスサッカー協会が発表したところによれば、25才のディフェンダーには特に症状は見られておらず、すでに隔離がなされているという。

 そこで気になるのは前日の陽性反応が確認された、シェルダン・シャチリとの関連性だ。先週の土曜日に行われたSCフライブルク戦の直後、ドルトムントの選手たちは全てが陰性と確認されていた。しかしながら同協会ではその関連性を除外、シャチリの感染は既に以前に感染していたため」で「感染力はない」としており、その後の検査で抗体も確認されたとのこと。

 いずれにしてもスイス代表ではザンクト・ガレンにて行われるクロアチア代表テストマッチも、そして土曜日に行われるスペイン代表戦と火曜日に行われるドイツ代表戦によるネイションズリーグとも開催。ただし今回陽性が確認された両選手の出場についてはまだ明らかにされていない。

 ペトコヴィッチ監督は「明日の結果を待って判断する」とし、「アカンジはスペイン戦は無理だろうが、シャチリはぜひ参加させたいとろだ」と語った。なお所属するドルトムントが発表したところでは、ドルトムントはスイス代表チームや関係当局とも集中的に連絡をとっているという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報