ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月01日

フメルスはいまだ不透明、ハーランドは復帰か

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 引き続きマッツ・フメルスの動向は不透明となったままだ。まずは昨日に行われたビーレフェルト戦での終了間際に負った、負傷の内容について明らかにしていかなくてはならない。「今は、我々は待たなくてはならないところだよ」と、ミヒャエル・ツォルクSDはコメント。その一方でエルリング・ハーランドについては、ブルージュ戦での出場への期待感が高まっている。

 試合終了後にフメルス自身は、自身の右大腿について大事には至っていないとの見解を示していた。だがその翌日となった日曜日になってもなお、正確な診断結果はだされていない。ただ筋損傷の類で感じられる刺すような痛みがなかったことは希望を抱かせるものであり、加えてジャン、ザガドゥの欠場を踏まえても早期回復を願いたいところだ。

 その一方で土曜日の試合で「軽度の膝の負傷」のために休養をとったエルリング・ハーランドについて、ルシアン・ファヴレ監督は「彼がまだ成長過程であることを忘れてはいけない」と述べており、「出場過多は時に危険性をはらむことがある」と説明。kickerが得た情報によれば膝蓋腱に軽い問題が見られていたようで、こちらについてはブルージュ戦での出場はおそらく可能だろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報