ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月12日

育成で「素晴らしい貢献」したリッケン氏と契約更新

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントはラース・リッケン氏との契約を延長したことを発表した。ドルトムント出身で、現役時代では1993年から2008年までプロ選手として在籍し、1997年CL決勝では英雄となった経験をもつ同氏。

 ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、現在つとめるユースコーディネーターとしての仕事ぶりを「素晴らしい」と評価。そこで2025年まで契約を更新すると同時に、「ユースパフォーマンスセンター・ディレクター」へと昇格することも合わせて発表している。

 プレスリリースの中で、ヴァツケ氏は「ラース・リッケン氏は、ここ数年に渡り素晴らしい仕事をみせており、その間でチームは数多くのタイトルを手にしてきた。彼と長期契約を締結できたこと、そしてディレクターを任せるということは、これまでの貢献に対する評価の現れでもある」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報