ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月14日

ドルトムント、セカンドチームでコロナ陽性。試合は中止へ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス4部相当レギオナルリーガ西地区の第15節、開催予定だった9試合のうち、実にその3分の1に相当する、3試合が新型コロナウィルスの影響により中止を余儀なくされた。

【今節だけで3試合の中止】

 今節では首位ロートヴァイス=エッセンとの勝ち点差を詰めたかった2位ボルシア・ドルトムントだが、そのエッセンvsシュトラエルン、そしてドルトムントvsオーバーハウゼン戦も共に中止。さらに金曜開催だったヴェクベルク=ベークvsアーヘン戦も中止となっている。

【ドルトムントIIでは4試合目】

 なおこれまでにもボルシア・ドルトムントIIでは、リップシュタット戦、デュッセルドルフII戦、グラードバッハII戦と、すでに3試合で中止となっており、今回中止となった理由は、ドルトムント側のコロナ検査の結果で陽性反応が確認されたため。

 これからその分の日程調整を行っていくことになるが、ちなみにリップシュタットとの再戦は、来週火曜日の日本時間26時より予定されているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報