ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月21日

怪童ユスファ・ムココ、ベルリン遠征に帯同

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 当然のことながら週末に行われるヘルタ・ベルリン戦にむけて、ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファヴレ監督が、16才の誕生日を迎え遂にブンデスリーガへの出場資格を手にした怪童、ユスファ・ムココの起用について明言するようなことはない。しかしながらスカイが公開した映像によれば、そのデビュー戦を世界中が固唾を飲んで見守るFWがベルリン行きの飛行機へ登場する様子が映し出されていた。

 「そのポテンシャルは、ファンタスティックだ」と表現した指揮官。「彼を指導することは喜びだよ」と述べており、ミヒャエル・ツォルクSDも「新風をもたらしてくれる存在であり、クラブも未来を担う逸材だ」と評価。ただそれと同時に世間からの注目度の高さには「大袈裟」と釘をさしており、「温かく成長を見守ってもらいたい」と願っている。

 その一方でムココが主戦場とするFWでは、エルリング・ハーランドが参加していたノルウェー代表にてコロナ感染が報告、そのため出場が不透明となっていたが保険当局からゴーサインが出されており、「これまでの4度の検査で全て陰性だった」と、ツォルクSD。そのため特に、ムココの起用に迫られているという状況にあるわけではない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報