ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月21日

ドルトムントでは二人目、ハーランドがゴールデンボーイ受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これは個人タイトルを積み上げていく、その1つの通過点に過ぎないのかもしれない。ボルシア・ドルトムントに所属する20才のストライカー、エルリング・ハーランドが40人の審査員により、『2020年度ゴールデンボーイ』へと選出された。

 ゴールデンボーイ賞は2003年に、イタリアのTuttosportが創設したものであり、欧州のジャーナリストらから、最も有望な印象を与えた選手に授与するもの。それぞれの審査員は5人の選手を選択し、1位には10票、2位には7票、3位には5票、4位には3票、そして5位には1票という形で加算。

 そして2020年冬にザルツブルクからドルトムントへと加入し、新天地への順応にさして苦しむことなく、印象的な成績を残したノルウェー代表FWが、昨年のジョアン・フェリックスの後継として、この度ゴールデンボーイ2020へと選出されることになった。ちなみにドルトムントの選手としてはマリオ・ゲッツェ以来2人目、ノルウェー人はおろか北欧出身の選手としても初の快挙だ。

1位 エルリング・ハーランド(ボルシア・ドルトムント):302票
2位 アンス・ファティ(FCバルセロナ):239票
3位 アルフォンソ・デイヴィース(FCバイエルン):226票
4位 ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント):80票
5位 エドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ):50票
6位 デヤン・クルゼフスキ(ユベントス):41票
7位 フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ):36票
8位 ドミニク・ショボスライ(RBザルツブルク):13票
8位 ブカヨサカ(FCアーセナル):13票
10位ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード):9票
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報