ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月05日

ドルトムント、フメルスが順調に回復。ザガドゥは先発候補に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日行われたチャンピオンズリーグGL第5節ラツィオ・ローマ戦にて、試合終了間際に左足を負傷していたマッツ・フメルスだが、その後に順調な回復を見せており、ボルシア・ドルトムントは今週末のアイントラハト・フランクフルト戦でも、再び同選手と共に試合へと臨める可能性が高まった。

 さらにルシアン・ファヴレ監督は「良い知らせがきている」とコメント。今夏の準備期間中に膝の靭帯を損傷していたダン=アクセル・ザガドゥが、すでに先発のオプションとみてとれるほどの回復をみせているという。

 その一方でドルトムントでは、エルリング・ハーランド離脱の穴埋めを余儀なくされているところであり、ファヴレ監督は普段通りに決してその手の内を明かそうとはしていない。「いくつかのオプションがあるよ」との考えを示した指揮官は、先日デビューしたばかりの16才、怪童ムココについても「良い形でこれているし、即座にその力をみせているね」と賛辞を送っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報