ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月04日

ハーランドに助言「レアルに行く前にまずワールドクラスの選手に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 若干20才にして世界から最注目の選手の1人にまで上り詰めた、ボルシア・ドルトムント所属エルリング・ハーランド。早ければ今夏にもチームを後にする可能性はあるのだろうか?しかしながらハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは「それは無いだろうね」とkickerに対して語った。「エルリングも彼の代理人についても、彼らがどのようなプランを思い描いているのか我々も知っている。彼には言えるのは、ロベルト・レヴァンドフスキのようにやるといい、ということさ」

 先日にFIFA年間最優秀選手賞へと輝いた32才のポーランド代表主将について、同CEOは「当時、ドルトムントではワールドクラスの選手へと成長していくための、時間を与えていた」と振り返っており、「その時間というのは、決して1年でどうこうなるようなものではない。彼がこのクラブを後にするとき、ビッグクラブだけがその行先となるだろうが、例えばレアルのようなクラブに行くならば、まずはその時点ですでにワールドクラスの選手である必要がある」と言葉を続けている。
 
 実際にそのステップアップの可能性が今夏に伝えられていたのが、同じく期待の若手MFジェイドン・サンチョだ。最終的にはドルトムントへと残ることになるのだが、しかしながらプレシーズンから結果は芳しくはなく、「無意識の中で移籍の用意をしてしまったのかもしれないね。少なくとも考えすぎてしまい、軽快さを失ってしまったように思うよ。ただここ数週間はずいぶんと勢力差を感じてはいるがね」とコメント。アウグスブルク戦では今季初得点を決めており、「今でも最高の才能の持ち主」とその評価には陰りはない。


 その一方でクラブのフロント陣については、数年以内にも大きな変革をみることになる。長年に渡りスポーツディレクターを務めてきたミヒャエル・ツォルクSDが2年後には退団。ただ本来は今夏までの考えだったのだが、パンデミックなどの状況を考慮して1年先延ばしとした。果たしてその後任は誰か?ヴァツケ氏は今年はじめのうちに決断する意向を示しており、「経験やネットワーク」の重要性を強調。その中で最有力視されているのが、現在プロ選手部門担当の元主将、セバスチャン・ケール氏だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報