ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月27日

ドルトムント、アザール離脱続くも、レイナは復調

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りケヴィン・グロスクロイツのブンデス6部相当、同じドルトムント市に位置するTuSベヴィングハウゼンへの移籍が発表された火曜、そこから東に16km離れたボルシア・ドルトムントの練習場では、週末のリーグ戦に向けた屋外練習が行われていた。

 そこには負傷により長期離脱中のマルセル・シュメルツァ、アクセル・ヴィツェルに加えて、ダン=アクセル・ザガドゥ、そしてトルガン・アザールの姿も見受けられなかった。ベルギー代表MFは年末に行われたドイツ杯2回戦ブラウンシュヴァイク戦にて、筋肉系の負傷を抱えており「今は復帰に向けて懸命に取り組んでいるところだ」と、2週間前にエディン・テルジッチ監督はコメント。「2月はじめには良い感じになれば」と慎重な姿勢を示している。

 そのため見込み通りに1月最終戦となる土曜日のFCアウグスブルク戦でもまた、アザールは引き続き不在ということになるものの、ただその一方で咽頭痛のためにマインツ戦を欠場し、最近2試合ではベンチ入りするも欠場していたジョヴァンニ・レイナについては、今回の試合から先発復帰を果たす可能性もあるだろう。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報